Omegleにどこからでもアクセスして

アップデート:Omegleは、匿名のビデオチャットサイトですが、歩的紛争の末、14年でサービスを終了することになりました。創業者の声明はこちらからお読みいただけます。.

日本の大学や職場からOmegleにアクセスしたい、Omegleがブロックされている国を訪問している、OmegleをパブリックWi-Fiネットワークでは利用できない、あなたのIPアドレスがOmegleにブロックされ、アクセスを回復する必要がある、そんなことはありませんか。

このガイドでは、日本や海外からOmegleにアクセスするのに最適なVPNをご紹介します。おすすめのVPNを使えば、不当にBANされた場合にOmegleのブロックを解除することもできます(これについては後述します)。

市場には多くのVPNがありますが、残念ながらそのほとんどはOmegleによってブロックされています。このガイドでは、今でも使えるVPNをいくつか特定しました。

  1. NordVPNOmegleに一番おすすめ。高速、強力なセキュリティ、プライバシー機能の三拍子が揃って、リスクフリーの30日間の返金保証を提供。
  2. PrivateVPN強力なセキュリティと高速性を誇るプライバシー第一のVPNプロバイダー、ただしサーバーネットワークは小さめ。
  3. StrongVPN手頃な料金で使いやすく、WireGuardサポートが組み込まれ、ノーログポリシーを採用。

人気のVPNをリスクフリーで試せます

NordVPNは、このページから登録した方を対象に、全機能をリスクフリーで30日間利用できる体験版を提供しています。Omegleのストリーミングに1位にお勧めするVPNを1ヶ月間無制限で利用できます。プライバシーを守りながら話したい方や、規制のある国で利用したい方に最適です。隠れた条件はありません。NordVPNが合わないと感じた場合は、30日以内にサポートに連絡すると、全額返金されます。こちらからNordVPNトライアルを開始できます

日本のOmegleユーザー向けにVPNを見つけ、推薦する手法

Omegleは、チャットデータを暗号化しません。つまり、ユーザーの会話はハッカーやインターネットサービスプロバイダー(ISP)、ローカルネットワーク管理者に見られる可能性があるということです。これはプライバシーの観点から非常に問題ですが、そこでVPNが役に立ちます。

VPNはユーザーのネットワークトラフィックを暗号化し、会話を第三者から監視できないようにします。また、VPNなら他国のサーバーに接続することもでき、Omegleで繋がる人々の国籍が変わる可能性があります。

日本のOmegleユーザーに最適なVPNを見つけるため、堅牢なセキュリティ、キルスイッチ、ノーログポリシーを提供するVPNサービスを探しました。選定基準の一部は以下のとおりです。

  • ネットワーク速度への影響が最小限
  • Omegleに安全にアクセスできる
  • 複数のプラットフォームをサポート
  • 暗号化が強力
  • プライバシーポリシーを明確に定義し、データログが最小限

Omegleに最適なVPN

Omegleで今でも使えるVPNをご覧ください。

1. NordVPN

NordVPN Jun 2024

利用可能なアプリ:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux
  • Background FireTV

ウェブサイト:  www.NordVPN.com

返金保証期間: 30 DAYS

NordVPN は、Omegleに一番にお勧めします。このプロバイダーは最近、Omegleの非常に強固なブロックに対する回避策を発見し、最も簡単にアクセスできる方法になりました。アメリカ、カナダ、オーストラリアのランダムに選択されたサーバーでチャットができました。NordVPNは現在市場で最速級のプロバイダーでもあるため、ビデオチャット機能も問題なく利用できるはずです。

アプリ固有のキルスイッチ、DNS・IPv6リーク防止、AES256ビット暗号化、広告とマルウェアを自動的にブロックする機能など、セキュリティおよびプライバシーツールが満載です。完全なノーログポリシーに従い、メールとライブチャットで毎日24時間体制のサポートを提供します。

NordVPNにはiOS、Android、Linux、MacOS、Windows用アプリがあります。お好みでサポートされているルーターに手動でインストールすることもできます。

メリット

  • 多くのサーバーがOmegleに対応
  • 安定した信頼できる速度
  • 最高水準のセキュリティとプライバシー保護
  • ライブチャットによる毎日24時間体制のカスタマーサポート

デメリット

  • ワンクリックで切断できない

Our score:

4.5 のうち 5

Omegleに最適なVPN:NordVPNは、日本でOmegleに一番お勧めします。 迅速かつ安全で、チャットを安全に可能な限りシンプルにします。全てのプランには30日間の返金保証が付いているため、リスクフリーで試すことができます。

NordVPNの完全版レビューを読む

NordVPNクーポン
– 2年プランで74%オフ
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

2. PrivateVPN

PrivateVPN

利用可能なアプリ:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux

ウェブサイト:  www.PrivateVPN.com

返金保証期間: 30 DAYS

PrivateVPN は、セキュリティを非常に重視したサービスです。完全にノーログを貫き、256ビットのミリタリーグレードの暗号化を採用し、DNSリーク防止機能を組み込んでいます。特定のサービスがVPN接続をブロックする場合に、別のプロトコルを選択することもできます。アメリカ拠点の一部サーバーでOmegleのアクセスに成功しました。

PrivateVPNは一部の競合よりもサーバーは少数(世界中で約200ヶ所)ながら、そのインターネット速度は平均を上回っています。インターネット接続が十分に高速であれば、PrivateVPNは4Kのストリーミングにも対応できるため、Omegleは問題になりません。ユーザーは現在では最大10台のデバイスを接続できます。

Android、MacOS、Windows、iOS専用のアプリがあります。Linuxシステムおよび一部のルーターに手動でインストールすることもできます。

メリット

  • 一部の米国サーバーは今でもOmegleに対応
  • 強力な暗号化、セキュリティ、プライバシー保護機能
  • ログは一切保持しない

デメリット

  • 他のプロバイダーよりも選択できるサーバーが少ない
  • ライブチャットは24時間体制ではない

Our score:

4.5 のうち 5

高速:PrivateVPNは家族向けです。 このクラスでは驚くべき回線速度を誇りますが、サーバー数は改善の余地があります。30日間の返金保証付き。

PrivateVPNの完全版レビューを読む

PrivateVPNクーポン
12ヶ月 + さらに24ヶ月!
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

3. StrongVPN

StrongVPN

利用可能なアプリ:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux

ウェブサイト:  www.StrongVPN.com

返金保証期間: 30 DAYS

StrongVPN は、950台を超えるサーバーネットワークへのアクセスを提供しますが、そのほとんどはOmegleには対応しません。それでも、東アジアや中東の少数のサーバーに接続していると、このサービスを利用できることがありました。かなり高速(最新のテストでは平均71Mbps)であることを考えると、ビデオチャットも問題なくできるはずです。

このVPNの利点の1つは、セキュリティオプションが手軽であることです。256ビットの暗号化、キルスイッチ、プロトコル選択があるだけです。メニューには表示されていませんが、リーク防止機能があるのも嬉しい点です。StrongVPNはログを保持しません。問題がある場合は、メールとライブチャットで毎日24時間体制のサポートを利用できます。

StrongVPNのアプリは、iOS、Android、Windows、MacOSで利用できます。Linuxシステムおよびサポートされているルーターには、手動構成が必要です。

メリット

  • ライブストリーミングに十分な速度
  • WireGuardプロトコルを使用するオプションを含む強力なセキュリティ機能
  • 毎日24時間体制のサポート

デメリット

  • 一部のユーザーにとっては、ミニマリストなデザインが物足りない可能性がある
  • ネットワークが小規模

Our score:

4 のうち 5

使いやすい:StrongVPNなら、日本中どこでもOmegle で安全なチャットを手軽に始められます。迅速で信頼性が高く、Omegleが制限されている地域にも対応します。さらに、帯域幅無制限で30日間の返金保証を提供します。

StrongVPNの完全版レビューを読む

StrongVPNクーポン
– 1年プランで67%オフ
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

VPNでOmegleを利用する方法

VPNでOmegleのブロックを解除するのは簡単です。こちらの手順に従ってください。

  1. まず、上記のいずれかのVPNに登録します。
  2. VPNアプリをインストールしてログインします。
  3. お好みの国のサーバーに接続します。場所が気にならなければ、ほとんどのVPNでは利用可能な最速のサーバーに自動的に接続できます。
  4. 最後に、Omegleにアクセスして通常のようにチャットします。「Error connecting to server. Please try again.」(サーバーへの接続中にエラーが発生しました。もう一度お試しください。)というメッセージが表示された場合、使用しているサーバーがOmegleによってブラックリストに登録されている可能性があります。このような場合、機能するサーバーが見つかるまでサーバーを変える必要があります。

日本で無料VPNを使ってOmegleを利用できる?

Omegleを安全に利用するために無料のVPNを提案するガイドが多くありますが、いくつかの理由からこれはまったくお勧めできません。まず、OmegleはVPNユーザーからの接続を完全に阻止するための措置を講じているため、無料のVPN(非常に人気が高い)が機能しない可能性が高いです。

さらに、無料VPNは一般的にサーバー数が少なく、多くのユーザーに対応しきれていないため、有料のものよりも遥かに低速になります。無料VPNプロバイダーは、ユーザーデータの制限とキューを採用することで緩和しようとしていますが、需要が供給を大きく上回るため、結果は安定せず満足できないものになると考えられます。

そして、憶測ではない悲報があります。無料VPNがユーザーの信頼を悪用していたことが過去に判明しています。有名な例では、複数のVPN企業がマルウェアを埋め込み、ユーザーの帯域幅を売却し、保持するログについてユーザーをミスリードしていました。あなた自身と個人情報を守るためにも、プライバシーポリシーを明確に定義している評判の良いVPNサービスを利用することをお勧めします。

Omegleとプライバシー

Omegleは、VPNユーザーをブロックしようとしていることを公言していないものの、そうしていることを示す証拠が揃っています。実際、Omegle subredditの投稿によると、これは少なくとも2014年から問題になっています。では、なぜOmegleはVPNを利用するユーザーを阻止したいのでしょうか。

最も明白な理由は、このプラットフォームを悪用する人を追跡するためです。通常のユーザーがOmegleに接続すると、そのIPアドレスがログに記録されます。これは大まかな物理的位置まで容易に辿ることができます。一方、VPNユーザーは、まったく異なる位置を返す一時的な代替IPアドレスを使用します。利用規約(VPNをはっきりと禁止していない)を遵守している限り、通常の接続を許可しない理由はありません。

当社のテストでは、VPNを使用しているときに、Omegleは頻繁に「サーバーへの接続中にエラーが発生しました。もう一度お試しください。」というメッセージを表示しました。これはサーバーを切り替えることで解決しましたが、ブロックされていないものを見つけるのは時として困難です。

機能するIPアドレスが見つかったら、チャット中は忘れずにIPの自動切り替えをオフにしましょう。これで途中で切断されなくなります。

Omegleを安全に利用する方法

まず、OmegleやChatrouletteのようなビデオチャットサイトにはアダルトコンテンツの問題があることにご注意ください。チャットはモデレートされていますが、Omegleはホームページ上でこれは確実ではないことを強調しています。このため、18歳未満の方はOmegleを利用しないことをお勧めします。

Omegleは最近、プライバシーポリシーを全面的に見直し、記録する情報の種類をより明確にしました。以下のような情報を記録します。

  • 会話の内容(一方または両方の参加者がログを保存している場合)
  • ユーザーのIPアドレスと一意のCookie ID
  • 大学の名前(大学モードを利用している場合)
  • Omegleサイトでアクセスしたページ
  • ユーザーの出身国
  • ユーザーが撮影したビデオチャットのスクリーンショット

これらの情報は、法律で別段の定めがない限り、通常は120日後に削除されます。チャットログが保存されると、両方のユーザーのCookie IDとIPアドレスが無期限に保持されます。

これを念頭に置いて、個人を特定する情報を明かさないことが重要です。姓名、勤務先、メールアドレス、電話番号などが該当しますが、窓の外の景色と居住地との組み合わせでさえ居場所の特定に繋がることがあります。カメラに顔を映さないのが理想ですが、これではビデオチャットの目的が損なわれてしまいます。基本的に、共有する情報を賢明に判断し、不快感を覚えたときに切断していれば、問題は発生しません。

Omegleに最適なVPN FAQ

OmegleがユーザーをBANする理由は?

Omegleのホームページ上では、サービスで許可されていないことのリストが小さな文字でたくさん挙げられています。例えば、他のユーザーへのハラスメント、他人の個人情報の共有、中傷的な発言、チャットを自動的に開始するソフトウェアの使用、知的財産権の侵害(海賊版コンテンツへのリンクを共有するなど)が含まれます。

ただし、利用規約には、「You may be denied access to Omegle for inappropriate behavior, or for any other reason」(不適切な行動またはその他の理由により、Omegleへのアクセスが拒否される場合があります」と記載されています。つまり、会話を切られることが多すぎるというだけでBANされる可能性があります。それでも、ほとんどの場合は、違法あるいは不適切な行動をとらない限りは問題ないはずです。

VPNを使ってOmegleを利用するのは合法?

VPNを使ってOmegleにアクセスすることは完全に合法です(ただしVPN検出措置を回避できるのはほんの一握りです)。VPNとは、そもそもプライバシーツールなので、見知らぬ人と話すときに自分を守る対策をとるべきでない理由はありません。

ただし、注意点が1つあります。VPNはオンラインでの匿名性を維持するだけであり、オンラインで違法行為をしてよいというわけではありません。例えば、ハラスメントをするためにVPNを利用した場合でも、それは犯罪行為であり、その責任を負うことになる可能性があります。

免責事項:当社はこのトピックについて徹底した調査を行っていますが、上述の内容はいずれも法的な助言として解釈されるべきではありません。お住まいの国でVPNが合法かどうか不明な場合は、利用する前に現地の法律を調べることをお勧めします。

Omegleを利用してネイティブスピーカーと語学の練習をするには?

Omegleは、マッチングのためにいくつかの方法を採用しています。まず、ユーザーの興味関心を考慮します。ただし、興味関心が共通するユーザーが他にいない場合は、通常は同じ国の人、または同じ言語を話す人とペアにしようとします。

 外国語を学んでいる日本人学生であれば、これを有利に活用できます。希望の国のVPNサーバーに接続することで、練習したい言語を話す人とマッチングされる可能性が大幅に高まります。

Omegleを利用できる最低年齢は?

Omegleのホームページ上には、小さな文字で13歳未満の場合はサービスを利用しないように明記されています。また、18歳未満のユーザーは、話をする前に保護者の許可を得ることを求めています。

Omegleをブロックしている国は?

一般に、SkypeやWhatsApp、FaceTimeなどのVoIPサービスをブロックしている国は、Omegleへのアクセスもブロックします。その理由は単純です。これらのプラットフォームでは、政府が簡単に監視できない方法でユーザーが通信できるからです。

 ご想像のとおり、中国、UAE、リビア、ヨルダン、オマーン、カタールなどではOmegleを利用できません。それでも、VPNを利用すれば、どこからでも地域の検閲を回避し、通常のサービスにアクセスできます。

Omegleは日本で安全に利用できる?

Omegleは、世界中のランダムなインターネットユーザーと繋がることを覚えておくことが重要です。つまり、攻撃的な言葉、傷つける発言、アダルトコンテンツ(ビデオ機能を利用している場合)に遭遇する可能性があります。

 それでも、ボタンを2回押すだけで新しい会話を始められ、モデレートされたビデオチャットはアダルトチャットよりもやや手厚く保護されています。個人情報を共有しない限り、Omegleに危険性はありません。

Omegleで見知らぬ人からのハラスメントに対処するには?

Omegleの利用規約では、ハラスメントは明確に禁止されています。それにもかかわらず、責任を回避するための記述がいくつか見られます。「Understand that human behavior is fundamentally uncontrollable」(人間の行動は本質的に制御できないことを理解してください)、「people you encounter on Omegle… are solely responsible for their own behavior」(Omegleで出会う人は……自らの行動に対して単独で責任を負います)などが該当します。 

一点擁護すると、Omegleはビデオチャットの一部をモデレートしています。ただし、18歳以上のセクションで行われるテキストのみの会話やチャットについては、そのような保証はありません。信じられないことに、このサービスには通報機能がありません。つまり、ハラスメントを受けても、チャットを終了して切り替えるしかないということになります。

OmegleのBANの有効期間は?

OmegleのBANの有効期間は、ユーザーによって大きく異なるようですが、永久であると示唆するものはほぼありません。一般的に、数日から1週間、2週間程度を想定してください。

VPNがOmegleで機能しないのはなぜ?

Omegleは非常に強力なVPN検出機能を備えているため、ほとんどのVPNは使えません。Omegleに対応するVPNでも、それに適したサーバーが数台しかないことが多く、それを見つけるには試行錯誤が必要になることがあります。当社が見つけた例外はNordVPNで、複数の国のサーバーで最初の試行でOmegleにアクセスできました。

Omegle上でハッカーの餌食になることはありますか?

はい。Omegleは、ピア・ツー・ピア(P2P)プラットフォームで、大きなリスクが潜んでいます。見知らぬ人と接続すると、その人にお使いのIPアドレスが検出されてしまいます。もし、偶然にも、被害者を探しているOmegleを使用しているハッカーと会話してしまうと、非常に深刻なデータ窃取の被害に会う可能性があります。

Omegleを使っているサイバー犯罪者は、被害者のIPアドレスを使って、そのネットワークの脆弱性を探索します。被害者のホームネットワークに侵入する方法を見つけると、犯罪者は被害者のデバイスをマルウェアに感染させ、データ窃取を行うか、そのデバイスをボットねネットに追加します。

また、ハッカーは、マルウェアに感染させるために悪意のあるリンクを使用する場合もあるので注意してください。被害者のIPアドレスが知られたことと合わさって、これはデータ窃取を引き起こし、その結果、アカウントの乗っ取り、詐欺やなりすましの被害にあう可能性があります。 

VPNを使用することで、Omegleの使用に関連するリスクを大幅に低減できます。VPNは、お使いのデバイスとVPNサーバーの間に暗号化された接続を構築します。これにより、お使いのIPアドレスはOmegleユーザーからは隠され、プライバシーをさらに強化できます。

VPNを使用することで、Omegle上のセキュリティは大幅に改善しますが、他のユーザーと通信する際は十分気を付けることが大事です。未知のユーザーからの疑わしいリンクをクリックしたり、ファイルをダウンロードしてはいけません。さらに、お使いのデバイスのオペレーティングシステム(OS)とウイルス対策ソフトウェアを最新に保ち、個人情報を共有していないようにしてください。