Chrome対応のVPNと拡張機能

日本国内でオンラインプライバシーとセキュリティを確保するには、VPNの利用が不可欠です。本ガイドでは、プライバシーとオンラインセキュリティを損なうことなく、ネットワーク制限やオンライン検閲を回避し、ジオブロックを回避できる信頼性の高いVPNを見つけるため、市場テストを実施しました。

すべてのVPNが、HDストリーミングやChromeブラウザーでのネットサーフィンに適した高速な回線を提供しているわけではありません。Chrome拡張機能のあるVPNはさらに少数派です。本ガイドでは、日本のChromeユーザー向けに最も信頼できるVPNを推薦しています。

以下はChromeにおすすめのVPNの概要です。製品の比較に役立つ詳細情報をご覧になるには、さらに下までスクロールしてください。

日本で使えるChrome対応のVPN

  1. NordVPN:当社が日本での使用に一番おすすめするChrome対応のVPNです。使いやすいアプリで、すっきりとしたChrome拡張機能も備えています。非常に高速で、プライベートで、安全です。30日間の返金保証付き。
  2. Surfshark:Chromeに対応する格安VPN。強力なChromeアドオン、豊富なセキュリティ機能、同時接続台数無制限を備えた、高速で信頼性の高いVPN。
  3. ExpressVPN:Chrome拡張機能の設計が優れており、ブラウザーのトラフィックを保護します。アプリと組み合わせることで、デバイスの高度なセキュリティとプライバシーを実現できます。
  4. Windscribe:単体でもアプリと組み合わせても使える、上出来のChrome拡張機能を持つVPN。
  5. StrongVPNIPアドレスを変更できるシンプルなChrome拡張機能。

おすすめのChrome対応VPNをリスクフリーで試せます

このページでサインアップすると、NordVPNの全機能が使えるリスクフリーの30日間トライアルが利用できます。当社がNo.1にお勧めするChrome対応のVPNを1ヶ月間無制限で利用できます。日本でのChrome使用時にプライバシーを保護し、自由度を高めるのに最適です。

NordVPNがご自分には合わないと判断された場合は、30日以内にサポートに連絡すれば、全額返金されます。NordVPNトライアルはこちらから

日本国内でChrome対応のVPNを設定する方法

市場には多数のVPNが存在するため、サービスを選ぶ際に迷ってしまうかもしれません。そこで当社では、Chrome拡張機能を持つVPNや、Chromeブラウザーと完全に互換性のあるアプリを探してみました。

ここでご紹介するアプリを使えば、自宅、職場、公共Wi-Fiを問わず、Chromeで安全にインターネット閲覧、ダウンロード、オンライン動画のストリーミングを行うことができます。さらにお役に立てるよう、以下でChromeにVPNを設定する方法を説明しています。

  1. 日本で使えるChrome対応のVPNを1つ選びます。高速で安全なため、NordVPNがおすすめです。または、お手頃料金のSurfsharkや、優秀なオールラウンダーであるExpressVPNを試してみてもいいでしょう。
  2. リンクをクリックするとVPNのサイトに移動し、サブスクライブできます。当社のリンクを使用すると、お得なクーポンコードを使って最安料金でVPNを利用できます。
  3. VPNアプリをダウンロードします。当社のおすすめVPNは、Windows、macOS、iOS、Androidに対応するアプリを提供しています。
  4. Chromeアプリをインストールします。Chrome上でVPNをさらにコントロールしたい場合は、Chrome拡張機能をインストールしてください。
  5. お好きなロケーションのVPNサーバーを選んでください。VPNを使用して、地理的制限を回避したり、アメリカ版Netflixのような地域プラットフォームにアクセスしたりできます。必要なサーバーを選ぶだけでOKです。

何らかの理由で目的の地域のWebサイトやサービスにアクセスできない場合、Cookieの消去キャッシュの消去をお試しください。Cookieを使用すると、サービスによるロケーションの追跡が可能になります。VPNを有効利用するには、シークレットモードを使用するか、Cookieを賢く使うようにしてください。

1. NordVPN

NordVPN Jan 2023

Apps Available:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux
  • Background FireTV

ウェブサイト: www.NordVPN.com

Money-back guarantee: 30 DAYS

NordVPNは、当社が日本での使用に一番お勧めするChrome対応のVPNです。また、マルチホップ接続や検閲を回避するための特別なサーバーを装備しています。日本を含む60カ国以上に高速サーバーがあり、海外から日本のサービスにアクセスできるのが最大の魅力です。

完全なログレスサービスであり、最高水準の暗号化規格を実装しています。アメリカ版NetflixやHuluなどのストリーミングサイトに、モバイルアプリを含むどこからでも安全にアクセスすることが可能です。アプリの地図上でロケーションを選ぶか、リストからサーバーを選ぶか、どちらかの方法で簡単に接続できます。NordVPNは、Windows、macOS、Linux、Android、iOSに対応するアプリを提供しています。

また同社は、ネイティブNordVPNアプリをインストールしてもしなくても機能する、独立したブラウザー拡張機能を作成しています。この拡張機能が単体で保護できるのは、Chromeのトラフィックのみです。さらに、VPNが有効になっていてもブラウザーから実際のIPアドレスを公開してしまうWebRTCリークも防いでくれます。NordVPNのCyberSec機能は、広告、トラッカー、マルウェアをブロックする目的で、拡張機能とアプリの両方に組み込まれています。

メリット

  • アプリとは別に動作する独立型のChrome拡張機能を提供
  • HDストリーミングに最適な超高速サーバー
  • アプリに組み込まれた高度なプライバシーとセキュリティ
  • 広大なサーバーネットワークは、ほとんどの地理的に制限されているコンテンツをブロック解除できる
  • 豊富なサポート資料とライブチャットのオプション

デメリット

  • デスクトップアプリは使いづらいことがある

Our score:

4.5 のうち 5

Chrome対応のおすすめVPN:NordVPNは、当社が日本での使用に一番お. Chromeと相性の良い超高速VPN。最大6台まで同時接続可能。また、ほとんどの人気ストリーミングサービスと相性が良く、優れたセキュリティ機能を備えています。30日間の返金保証でリスクフリーな契約。

NordVPNのレビュー全文を読む。

NordVPNクーポン
– 2年プランで63%オフ
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

2. Surfshark

Surfshark

Apps Available:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux

ウェブサイト: www.Surfshark.com

Money-back guarantee: 30 DAYS

Surfsharkは、すべての主要なオペレーティングシステム(OS)に対応したアプリを提供する、お手頃な料金のVPNです。また、アプリの代わりにChrome拡張機能を使って、60カ国以上にある3,200台以上のサーバーに接続することも可能です。アメリカ版NetflixやBBC iPlayerなどのプラットフォームに安全にアクセスできるほか、中国やUAEなどの国でも動作します。さらにSurfsharkは、何台でも好きなだけデバイスを接続できます。

SurfsharkのChrome拡張機能は、HTTPS 暗号化、リーク保護、広告ブロック搭載など、セキュリティ機能が充実しています。ただし、デスクトップアプリにはあるホワイトリストとキルスイッチ機能が欠けています。Surfsharkは、ビットコイン、イーサリアム、リップルによる匿名決済に対応しています。ただ、個人を特定できるデータのログを残さないので、どのような支払い方法であっても安全です。サポートが必要な場合は、年中無休24時間のライブチャットでカスタマーサポートに連絡できます。

Surfsharkは、macOS、Android、iOS、Windows、Linuxに対応するアプリを提供しています。サポートされているルーターに手動でインストールすることも可能です。

メリット

  • HTTPSプロキシとして動作するChrome拡張機能
  • 中国などの国でも動作する
  • 強力なセキュリティとプライバシー機能
  • 年中無休24時間のライブチャット
  • 暗号通貨に対応

デメリット

  • ブラウザー拡張機能にキルスイッチがない

Our score:

4.5 のうち 5

おすすめの低料金VPN:Surfsharkは接続台数無制限のため、 すべてのデバイスをまとめて保護したい人に最適です。また、厳格なノーログポリシー、強力なセキュリティ機能、30日間の返金保証を提供しています。

Surfsharkのレビュー全文を読む。

Surfsharkクーポン
2年プランで2ヶ月無料
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

3. ExpressVPN

ExpressVPN

Apps Available:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux

ウェブサイト: www.ExpressVPN.com

Money-back guarantee: 30 DAYS

ExpressVPNは、優れたセキュリティと性能、そして使いやすいアプリを兼ね備えています。高速で安定しているため、ほぼすべてのタスクに最適な選択肢です。そのひとつに、中国のグレート・ファイアウォールを回避し、Netflixを安全にストリーミングできることが挙げられます。ExpressVPNは、Windows、macOS、iOS、Android、Linux(コマンドライン)、および特定のWi-Fiルーターに対応するアプリを作成しています。

また、デバイスのネイティブVPN接続を管理する、ユーザーフレンドリーなブラウザー拡張機能を作成しています。これはWindows版やiOS版のアプリを実行できないChromebookユーザーに便利です。この拡張機能は単体では機能せず、ExpressVPNを先にインストールまたは構成する必要があります。GoogleのジオロケーションAPIによって報告されたロケーションを、選択したVPNサーバーの周辺にランダムに移動させる機能など、いくつかのプライバシー機能を追加してくれます。これにより、WebサイトがGoogleやIPアドレスを通じて実際のロケーションを検知するのを防ぎます。

ExpressVPNのブラウザー拡張機能は、最近、サードパーティのサイバーセキュリティ企業による監査に合格し、すべてのコードがオープンソースとなりました。

メリット

  • デバイスの接続をブラウザーから管理する専用のChrome拡張機能
  • 高速サーバーネットワークはストリーミングやダウンロードに最適
  • Hulu、Amazonプライムビデオなどのブロックを解除
  • 強固なセキュリティとプライバシー

デメリット

  • 料金が競合他社よりやや高め
  • 拡張機能を使用するには、メインアプリのインストールが必要

Our score:

4.5 のうち 5

強固なセキュリティ:ExpressVPNは、高速接続を実現 高速接続を実現するために網の目のように張り巡らされた大規模なサーバーネットワークを持っています。ユーザーフレンドリーなChrome拡張機能と、すべてのオペレーティングシステム(OS)に対応するアプリを備えています。優れたプライバシーとセキュリティ機能。30日間返金保証付き。

ExpressVPNのレビュー全文レビュー全文を読む。

ExpressVPNクーポン
お得:49%オフ + 3ヶ月無料!
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

4. Windscribe

Windscribe Works with ChromeTested Jan 2023

Apps Available:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux

ウェブサイト: www.windscribe.com

Money-back guarantee: 30 DAYS

Windscribeは、カナダ発の新進気鋭のVPNサービスプロバイダーです。同時接続台数無制限、ノーログ、高速通信など、多くの利点があります。また、中国でも動作します。VPNプロトコルの選択において、最も強力な暗号化のみが使用されます。Windscribeは厳密に言うとキルスイッチを持たず、代わりに「トンネル外の接続をすべて遮断し、あらゆる類のリークの可能性をゼロにする」ファイアウォールを選択しています。

Windscribeは、数あるVPN企業の中で最も優れたブラウザー拡張機能の1つを作成しています。単独でも使用できますが、ネイティブのVPNアプリと組み合わせることで最高のパフォーマンスを発揮します。両方に同時に接続すると、データが2つのVPNサーバーを経由することになるため、単独でも強力な暗号化を二重に増強し、攻撃者がトラフィックを追跡してユーザーにたどり着くのを阻止します。WindscribeのChrome拡張機能は、広告をブロックし、ソーシャルメディアウィジェットを含むトラッカーを削除することもできます。

メリット

  • アプリから独立して動作する最も優れたChrome拡張機能
  • データリークを避けるため、アプリはVPN以外のトラフィックをブロックするネイティブファイアウォールを備えている
  • Amazonプライムビデオおよび類似サイトのブロックを解除

デメリット

  • モバイルアプリは洗練されているが、ユーザーの選択肢は限られている
  • 本格的なライブチャットがない

Our score:

4 のうち 5

使いやすさ抜群:Windscribeは満足のいく回線速度を叩き出します。. Chromeで使うなら手堅い選択肢です。ログを保存せず、トンネリング技術を使用しているため、セキュリティとプライバシーに優れています。年中無休24時間の本格的サポートはありません。30日間返金保証付き。

Windscribeのレビュー全文を読む。

Windscribeのクーポン
年間プランは月額$5.75
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

5. StrongVPN

StrongVPN

Apps Available:

  • PC
  • Mac
  • IOS
  • Android
  • Linux

ウェブサイト: www.StrongVPN.com

Money-back guarantee: 30 DAYS

StrongVPNは、中国をはじめとしたインターネット検閲の厳しい地域のユーザーに愛用されています。NetflixHuluなどのストリーミングサービスに安全にアクセスすることも可能です。ユーザーはWireGuard、IKEv2、SSTP、L2TP、OpenVPN接続から選択できます。万が一問題が発生した場合は、24時間体制で迅速なカスタマーサービスを受けられます。サーバーネットワークは世界中各地に広がっています。アプリは、Windows、Linux、macOS、Android、iOSで利用可能です。

StrongVPNには、Google Chrome向けの「Strong Proxy」というブラウザー拡張機能があります。これはIPアドレスを変更するだけのシンプルなプロキシ拡張機能で、暗号化はされません。複数のサーバーロケーションが利用可能なため、ジオブロックされたコンテンツのアクセスに適しています。しかし、完全なセキュリティを求めるのであれば、StrongVPNアプリに頼る必要があるでしょう。

メリット

  • IPアドレスを変更し、簡易プロキシとして機能するChrome拡張機能
  • 検閲による制限を回避できると好評
  • 中国のユーザーに愛用されている

デメリット

  • Chrome拡張機能には暗号化はなく、IPマスキングのみ
  • 手動構成へのサポートがほとんどない
  • テスト時の回線速度は合格点だが、快適とは言えない

Our score:

4 のうち 5

プライベートで頼もしい:StrongVPNはジオブロックの解除に強みがあります。. 信頼のおけるサーバーネットワーク。プライバシーに配慮し、インターネット閲覧のログを残しません。充実したセキュリティ。45日間返金保証付き。

StrongVPNのレビュー全文を読む。

StrongVPNクーポン
– 1年プランで67%オフ
割引はこちらから
割引は自動的に適用されます

方法論 – 日本に最適なChrome対応のVPNの特徴とは?

以下の基準を考慮して、Chromeに最適なVPNを選びました。

  • アプリのデザインと機能 – Chrome用のVPN拡張機能が単独で使用できるか、メインのVPNアプリと一緒に使用する必要があるかを確認しています。また、使いやすさやユーザビリティもチェックしています。
  • インターネットの回線速度と信頼性 – すべてのVPNは、ある程度接続を遅くします。しかし当社は、定期的なスピードテストにより、Chromeに対応する、最速かつ最も信頼性の高いVPNのみを推奨するようにしています。ですから、当社推奨VPNを使えば、日本国内外を問わずにHD動画ストリーミング、ゲームプレイトレントのダウンロードができることが保証されています。
  • ストリーミングへの適合性 – Netflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、Disney+BBC iPlayerなどのサービスに安全にアクセスできることを確認しています。
  • セキュリティ – AES暗号化、ネットワークキルスイッチ、ノーログポリシーなど、高度なセキュリティ機能を備えているかを確認します。
  • カスタマーサービス – カスタマーサービスは親切で、迅速で、ライブチャットで連絡可能である必要があります。営業時間を確認し、年中無休24時間対応の場合は追加点を付与しています。
  • サーバーの数 – 地理的に制限されているコンテンツのブロック解除のためにChrome対応のVPNが必要であれば、様々なロケーションにある大規模なサーバーの選択肢が必要になります。例えば、アメリカ版AmazonにはアメリカのIPアドレスが必要です。海外渡航中も日本のサーバーにプライベートにアクセスできるよう、日本国内のIPを含む豊富なロケーションから選べるVPNのみをご紹介しています。

これは、日本で使えるGoogle Chrome対応のVPNをテストする際に実施する基本的なテストの一端に過ぎません。より詳細な情報は、VPNテスト方法論完全版をご覧ください。

ブラウザー拡張機能とVPNの比較

Turbo VPN、DotVPN、Hola… これらのブラウザープラグインはどれもVPNではありません。実際、ほとんどのChrome拡張機能は、本物のVPNとして機能することは一切ありません。というよりも、それらは単に暗号化プロキシ(通常はSSLやHTTPSのプロキシ)です。これらのChrome拡張機能は、VPNと名乗っているだけです。

確かに、VPNと似たような機能ではあります。トラフィックを暗号化して(いるはずです)、中間サーバーを経由して送信します。これは、検閲を回避したり、Webサイトのブロックを解除したり、プライバシーを保護するのに役立ちます。

しかし、これらの「クライアントレス」VPNは、Chromeブラウザーから来るトラフィックを暗号化するだけです。本物のVPNは、ユーザーのデバイス全体を行き来するすべてのトラフィックを暗号化します。さらに、Chrome拡張機能のみで動作する名ばかりのVPNは、OpenVPNやIPSecで暗号化されたVPNプロトコル(L2TP、IKE、SSTP)(両方ともユーザーのデバイスにネイティブクライアントがインストールされている必要がある)を使用しないため、セキュリティ上の問題を多数抱えています。さらに、リモートマシンにアクセス(本物のVPNの重要な特徴)するためのネットワークの拡張ができません。

ミシガン大学のセキュリティ専門家であるCharlie Hosner氏が、クライアントレスSSL-VPN拡張機能の脆弱性についてブログ記事で詳しく解説しています。 これらの脆弱性には、中間者攻撃、ワーム、キーロガー、遠隔操作ツールなどが含まれます。

Chrome用のVPN拡張機能でWebRTCの情報リークを防ぐ方法

expressvpn chrome web store

Chrome内で動作するアプリの中には、WebRTCと呼ばれる機能を必要とするものがあります。これには、トレント、音声通話、ビデオチャット用の拡張機能が含まれます。WebRTCはChromeなどのブラウザーに組み込まれているため、別途プラグインをインストールする必要はありません。

VPNは、ユーザーの本当のIPアドレスをマスクすることでユーザーのプライバシーを保護します。残念ながら、WebRTCは、VPNを有効にしていても、デバイスの元のIPアドレスを公開してしまうことがあり、これはWebRTCリークとして知られています。

ChromeにおけるWebRTCリークを防ぐには、(皮肉なことに)拡張機能が必要です。 入手可能なものは複数ありますが、これがGoogleからの正式なリリースです。インストールしたら、拡張機能のアイコンを右クリックし、[Options]を選択します。 [Use my proxy server (if present):]にチェックを入れ、ポップアップウィンドウを終了し、設定を保存します。

これで、VPNを使用する際にWebRTCリークを防げるはずです。

Chrome対応のVPNに搭載された追加機能

VPNの中には、提供するChrome拡張機能に便利な追加機能が組み込まれているものもあります。

例えば、ExpressVPNでは、ユーザーのIPアドレスを偽装するだけでなく、GoogleのジオロケーションAPIで報告される位置情報も偽装することができます。また、ダークモードを搭載し、より安全なHTTPSバージョンのWebサイトをいつでも可能なときに自動的に読み込みます。

日本で使えるChrome対応のVPNについてのよくある質問

Chrome対応の無料VPNを日本で利用できますか?

無料VPNはログを保持するため、オンラインプライバシーの信頼性が低くなります。こうしたデータはプロファイリングの目的で収集されます。つまり、マーケティング会社やデータブローカーなどの第三者にユーザーの習慣に関する情報を販売する目的で、ユーザーがオンラインで行うすべての行動を分析するのです。


これは、信頼できるVPNが果たすべき、オンラインプライバシーを提供し、オンライン監視から保護する役割とは正反対です。無料VPNは、HDコンテンツをストリーミングするには速度が遅すぎる、日本にサーバーがない、深刻な脆弱性、リーク、さらにはアプリにスパイウェアが隠れている場合さえあります。

避けるべき無料のChrome対応VPN

無料VPNサービスのほとんどは、ブラウザーの拡張機能として実行されるか、ネイティブアプリとして実行されるかに関わらず、機能に大きな制限があります。こうしたサービスは帯域幅のスロットリング、データ上限、順番待ちを課してきます。また、トラッキングCookieや広告をブラウザーに埋め込むことで知られており、ユーザーのプライバシーにとって逆効果になることがあります。

最悪の場合は、分散型のピアツーピア構造を採用して、ユーザーのマシンのアイドル帯域幅を食い尽くし、多くの脅威に晒すとともに、ある悪名高いケース(Hola)では、当該ネットワークに接続しているすべての人を利用して大規模ボットネット攻撃を仕掛け、ビットコインを採掘します。

  • Turbo VPNのChromeストアページは、まともなWebサイトにリンクしてもいません。VPNに関するブログ記事に飛ぶだけです。プライバシーポリシーも、技術的な詳細も、利用規約もありません。絶対に避けるべきです。
  • RusVPNは 、ユーザーを特定できる一部の接続ログを保存しています。
  • SetupVPNは 「サイト分析ツール」を使用して、ユーザーが閲覧したページ、クリックしたリンク、ユーザーのIPアドレス、ブラウザーの種類と言語、アクセス時間、参照Webサイトのアドレスなどの情報をブラウザーから取得し、オンラインアクティビティに関する広範なログを収集します。
  • DotVPNはユーザーのIPアドレスを記録しています。
  • Holaは、自社のサーバーではなく、他のユーザーのデバイスのアイドル帯域幅を使用するピアツーピアVPNです。過去には、ユーザーのデバイスへのアクセス権を悪用してボットネット攻撃を仕掛けたこともあります。

このように、Googleの検索結果の上位に来るVPNが必ずしも良心的だったり信頼できたりするわけではありません。データやデバイスを危険にさらすようなVPNを選ぶ前に、熟考されることをお勧めします。

ChromeにVPNを使うと、日本でのネット接続は遅くなりますか?

はい。最速のVPNであっても、一般的にインターネットの回線速度は多少低下します。ですから、インターネットを高速化できると謳うVPNに騙されないでください。VPNは、データを暗号化し、遠隔地のサーバーを経由する必要があるため、どうしても遅延が発生してしまいます。

では、高速VPNとは何なのだろうかと疑問に思うかもしれません。これは、簡単に言うと、普段のインターネット接続に影響を与えないほど高速なサーバーを持つVPNのことです。言い換えれば、遅延がほとんど気にならず、妥協することなくいつものインターネット速度を楽しむことができるVPNです。

とはいえ、VPNが実際にインターネットを高速化する状況が1つ考えられます。ストリーミング、ダウンロード、トレント、または他のデータ集約的なタスクを行う際に、インターネットサービスプロバイダー(ISP)が意図的に帯域幅を制限している場合、VPNは実際に速度面で役立ちます。

もしお使いの日本拠点のISPがこのようなことをしていると思うのであれば、VPNを使ってプロバイダーから行動を隠すことは間違いなく意味がありますし、これによりプロバイダーが回線速度を落とすのを阻止できます。何より、当社がお勧めする製品はすべて返金保証付きなので、リスクなくチェックすることができます。

Google ChromeにはVPNが内蔵されていますか?

残念ながら、Google ChromeにはVPNが内蔵されていません。Chrome用の各VPN拡張機能は、サードパーティ企業によって作成されているため、手動でインストールする必要があります。Google Chromeアプリのシークレットモードでは、 Cookieとキャッシュを使用せずにブラウジングすることができます。しかし、VPN のような保護機能はありません。

Chrome拡張機能が安全かどうかを確認する方法は?

ここでは、Chrome拡張機能を安全に利用するための方法をご紹介します。

  • 拡張機能はChrome公式Webサイトストアからのみ入手する
  • デベロッパーのWebサイトが実在し、連絡先が記載されていることを確認する
  • 純正の拡張機能のロゴなどのマーケティング素材を真似たクローン拡張機能に注意する
  • 拡張機能を使用するために必要な許可事項を確認する。必要以上の情報を要求された場合は、止めておくのが無難
  • 他のユーザーからの評価やレビューを確認する
  • プライバシーポリシーを読む

当社が上記で推奨しているVPNブラウザー拡張機能は、すべて安全に使用できます。

Chrome拡張機能はウイルスになりますか?

厳密に言うと、PC上で実行するあらゆるソフトウェアがウイルスとなる可能性を持っています。これにはChrome拡張機能も含まれ、Googleはこの問題を認識しています。実際、2020年にはCiscoと協力して、何百もの悪意のある拡張機能を特定し、削除しました。とは言え、Googleが拡張機能を個別にチェックすることはできないので、新しい拡張機能をインストールする前にリサーチをするのはユーザー側の責任です。

VPNは、Chromeのプライベートブラウジングを使用するよりもプライバシーの保護に役立ちますか?

はい。シークレットモード(プライベートブラウジング)は、ブラウザーに保存されるCookieを制限し、訪問したWebサイトが閲覧履歴に追加されるのを防ぐだけです。つまり、デバイスとブラウザーを共用する他のユーザーから閲覧行動を隠すのみで、

IPアドレスを隠すことはしません。また、インターネットサービスプロバイダー(ISP)、会社、学校、訪問したWebサイトからのオンラインアクティビティの追跡を防ぐことはできません。

VPNは、ユーザーのデータを暗号化し、ISP、学校、会社、その他監視している可能性があるすべての存在に対してユーザーのオンラインアクティビティを非公開にします。また、IPアドレスをマスクするため、WebサイトやアプリはユーザーのIPアドレスを使った追跡ができません。

VPNとシークレットモードを併用することで、ネット上での追跡を防ぐことができます。